ニュース・トピックス

『結婚応援サイトを開設

富士市がマッチング支援システム導入

少子化対策推進事業の一環として富士市は、結婚相談に関わるマッチング支援システムを導入し、結婚・婚活に関する情報を集約した専用ウェブサイト「結婚応援サイト」を開設した。また、本年度から、これまで市社会福祉協議会が行ってきた結婚相談事業を市の事業に位置付け、市結婚相談・縁結び事業(ハッピネスFuji)として実施。結婚相談機能の強化などを図ることで少子化対策を推進していく。自治体が結婚相談を実施し、インターネットに対応したマッチング支援システムを導入するのは全国でもまれ。

特定任期付き職員に弁護士

富士市が採用方針

多様化・複雑化する行政ニーズに的確に対応し、市民サービスのさらなる向上と法務マネジメント機能の強化を図るため、富士市は2018年4月1日から、弁護士を特定任期付き職員として採用する方針を固めた。弁護士資格を有し、法務に関する高度な専門知識を行政分野で発揮できる人材を広く求めるもので、採用が決まれば、島田市に続き県内で2例目の弁護士の特定任期付き職員となる。

中央公園への軽飲食店事業者決定

公園利便性、魅力向上などへ

富士市中央公園西エリア駐車場の一角にコーヒーや紅茶などを提供する軽飲食店の誘致に取り組んできた富士市は、出店事業者を大手コーヒーチェーン「タリーズコーヒー」に決定したと発表した。店舗は来年2月中旬に着工、同7月下旬にオープンする予定。

盲導犬の里 富士ハーネスで慰霊式

感謝と哀悼の祈りささげ

公益財団法人日本盲導犬協会・日本盲導犬総合センター「盲導犬の里 富士ハーネス」(富士宮市人穴)で、慰霊式が開かれた。盲導犬ユーザーやボランティア、施設スタッフら約80人が参列し、亡くなった盲導犬や引退犬、繁殖犬などに感謝と哀悼の祈りをささげた。慰霊式は同総合センターをはじめ、同協会の神奈川、仙台、島根あさひの各訓練センター合同で行われ、本年度は昨年7月から今年7月までの1年間に亡くなった35頭を慰霊した。

ページTOPへ戻る △

お問い合わせはお気軽に 岳南朝日新聞

メールでのお問い合わせはこちら

当社の強み

ニュース・トピックス

カルチャースクール

投稿・写真募集について

広告掲載のご案内

購読のご案内

ページTOPへ戻る △

copyright (c) 2016 Gakunan Asahi Shinbun All Rights Reserved.