ニュース・トピックス

富士山3登山口で火山防災訓練

噴火警戒の情報伝達

富士山登山者の安全対策を進めるため静岡県および担当市町など関係機関は、同県側の富士宮、御殿場、須走の3登山口で2017年度富士山火山防災訓練を行った。富士宮口6合目山小屋付近では、登山者に噴火警戒の情報を伝達し、下山を促す訓練を実施。登山届専用アプリ「コンパス」を活用して登山者に情報提供したり、富士山噴火時避難ルートマップ(多言語版)を配布したりと、登山者への情報伝達体制の確立を図った。

遊休農地で大豆栽培

南条の里農地保全会が学生と協力

遊休農地の有効活用などに取り組む南条の里農地保全会は、富士宮市下条の農地で常葉大学富士キャンパス社会環境学部の学生たちと共に大豆の種まきに汗を流した。今秋には約600㌔の収穫を見込んでおり、今年も学生たちがおからの出ない『まるごとふじとこ豆腐』の販売などに取り組むことになっている。

『富士山水まつり』と『にじます祭』

富士宮市の『美しい水』PR

「富士山水まつり」と「にじます祭」が30日、神田川ふれあい広場などで同時に開かれる。神田川をラフティングボートで下る体験や、ニジマスのつかみ取り、稚魚すくいなど多彩なイベントで、美しい水をPRし、湧水がはぐくんだ市の魚「にじます」に親しむ。時間は午前9時30分から午後3時まで。

「情報発信課M19」

富士山安全登山へ情報発信

富士宮市は、富士山の魅力を臨場感たっぷりに発信するため、市職員が一定期間山小屋に滞在し現地取材を行う『情報発信課MI9』 を開設する。2班に分かれ、それぞれ2泊3日の日程で取材を敢行し、滞在期間中は市の公式フェイスブックで情報を配信する。初めての試みで、取材内容は「広報ふじのみや」(来年7月号予定)で特集し、市民に安全登山を啓発する。

ページTOPへ戻る △

お問い合わせはお気軽に 岳南朝日新聞

メールでのお問い合わせはこちら

当社の強み

ニュース・トピックス

カルチャースクール

投稿・写真募集について

広告掲載のご案内

購読のご案内

ページTOPへ戻る △

copyright (c) 2016 Gakunan Asahi Shinbun All Rights Reserved.